性病検査の安いキット

性病検査は受けた方がいい?

よく多く寄せられる質問の中で、「性病検査は受けた方がいい?」の質問に対しての答えを書きます。安心して健康に暮らすなら性病検査は受けるべきです。

 

性感染症とは?

性行為で感染する病気を総称して、性感染症といいます。 ウイルスや細菌、原虫などが、性器、泌尿器、肛門、口腔などに接触することで人から人に感染します。しかし厄介なのが、症状が軽かったり、なかったりすることがあり、気がつかない間に感染していることがある点です。また、普通の性器の接触による性交だけではなく、オーラルセックスやアナルセックスなど性的な接触で感染するすべてが含まれています。

 

性感染症の種類は?

主に梅毒やエイズ、淋菌、性器クラミジア、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、トリコモナス症、性器カンジダ症、A型肝炎、B型肝炎、毛じらみや疥癬(かいせん)などのその他性感染症があります。

 

リスクと予防方法は?

当たり前の話ですが、たくさんの人とたくさんセックスをすれば感染リスクは上がります。

 

性病の予防のためには、セックスをするときはコンドームを使って決まったパートナーと、少ない回数がおすすめです。
しかしながら、性の衝動は人間の本能ですからなかなか難しい問題ですよね。
コンドームを使うことはとても大切なのですが、女性から恋人に性病予防のためにコンドームを使ってほしいとは言いにくいでしょうし、コンドームなしでセックスを楽しみたい男性も多いでしょう。

 

性病は長期にわたってじわじわと感染して来ますから、パートナーの過去の性行動にも左右されるでしょう。また、パートナーが変わりやすい若い人は、それだけでややリスクが高くなります。

 

自分はリスクが高いのか低いのか常に知っておくことがそれなりに大事になります。性感染症は予防することは完全には難しいので、定期的な性病検査がすすめられています。

 

性病検査を受けるタイミング

正確な検査結果を得るためには、ある程度の経過日数が必要となる検査があります。性病検査は受ける時期が早すぎると、正しく判定されないことがあります。性病といっても、病気によって検査を受けるタイミングは異なります。主な性病の検査を受けるタイミングを下記にご紹介します。参考にしてください。

 

クラミジア

最も日本で感染者数の多いクラミジアは、不安のある性行為をしてから2〜3日後が検査を受ける適切なタイミングと言われています。クラミジアは感染力が強いですが、感染しても自覚症状が出ないケースが多いという特徴があります。しかし女性の場合、クラミジアに感染すると不妊症や子宮外妊娠の原因になることがあるので要注意です。

 

淋病

クラミジアと同様で、淋病の検査を受けるタイミングは、感染の不安のある性行為をしてから2〜3日後です。淋病に感染しても、女性は症状があらわれることがほとんどありません。しかし男性は尿道から膿が出たり、痛みの激しい排尿痛など、分かりやすい症状があらわれるケースが多くなります。

 

性器カンジダ症

性器カンジダ症は性行為で感染することもありますが、性行為に関係なく、疲れやストレスなどによる免疫力の低下がきっかけで発症するケースがほとんどです。検査を受けるタイミングは、かゆみやおりものなどの症状があらわれてから受けるようにしてください。

 

梅毒

梅毒は感染者の急増が問題になっている性病です。梅毒の検査は、感染の不安がある行為をしてから4週間以降に受けるようにしてください。

 

性病検査の費用が安いキット

 

性病検査の費用が安いキットをまとめてみました。自宅で手軽に受けられる性病検査キットの特徴は、比較的に安く匿名でできる郵送の性病検査キットです。
感染の有無をすぐに確認したという方や、仕事などで病院に行く時間がとれない方などにおすすめできる性病検査です。

 

病院やリニックでの検査と比較した場合、郵送検査キットの方が安価で利便性が高いです。

 

楽天通販で扱っている性病検査の費用比較です。

 

性病検査の病院での費用は?

 

性感染症についての検査や治療をしたくてインターネットで検索すると、医療機関や専門のクリニックの多くが自由診療(保険適用外)なのに気付かれるかと思います。

 

通常、病気やケガで病院にかかると、健康保険が適用されて自己負担額が軽減され、健康保険組合などが負担してくれます。
一方で自由診療の場合、健康保険が適用されないため全額自己負担となり、保険適用の場合と比べて費用が高くなる傾向にあります。

 

自由診療の性感染症クリニックが多いのはなぜ?

性感染症の悩みは誰にも知られずに、できるだけ早く解決したいという方が多いと思います。そんなニーズに応えるために、自由診療のクリニックが多く存在しているようです。

 

受診する前に、各病院やクリニックのホームページ等で比較検討してから、自分のニーズに合った医療機関を受診するのがベストだと思います。

 


アクセスカウンター